お電話でのお問い合わせ 0774-43-6666

お問い合わせフォームへ

機械設備

機械設備

機械名 台数 能力
1色ローラー捺染機 2 巾 50”     全長14m    柄送り 15”
4色ローラー捺染機 1 巾 50”     全長20m    柄送り 15”
ロータリースクリーン捺染機 1 巾 65”     全長20m    柄送り 25”
フラットスクリーン捺染機 1 巾 60”     全長40m    柄送り 25”or フリー
ドクターナイフ植毛機 1 巾 60”     全長35m
コンマコーター植毛機 1 巾 48”     全長30m
ヒートセッター 2 48”  60”   20m、15m
タンブラン 2 バッチ式  100kg
除毛機 3 60”
後加工機(柄付機) 1 50”
サーキュラー100kg 1 常圧
脱水機 1 48”  
シートカッター 2 48” (紙 or フィルム)
検反巻取機 3 60”
フォークリフト 4  
ウインス 1 50kg  常圧
機械名 台数 能力
染色釜 3 3,000ℓ
 〃 1 4,000ℓ
 〃 3 1,500ℓ
水洗機  たて型 1  
 〃    よこ型 1  
脱水機 2  
気流乾燥機(熱風乾燥機) 2  
ロータリーカッター(二重回転式自動切断機) 1  
D型自動切断機 オートカッター(小野打) 3  
バルガー社製カット機 4  
選別 大 (回転選別) 7  
選別 中 (回転選別) 3  
選別 小 (回転選別) 1  
フォークリフト 2  

接着剤

接着剤(バインダー)の詳細

エマルジョンの図

エマルジョンの図

※エマルジョン化したもので身近にあるのはマヨネーズです。 植物油の中で酢を卵で乳化したものがマヨネーズで、 W/O型のエマルジョンになります。

バインダーとは基材(水溶性エマルジョン)・助剤・架橋剤等を調合したものを言います。

水溶性エマルジョンとは、アクリルや酢酸ビニル、ウレタンなどのモノマーを乳化重合して出来る乳白色の液体で、弊社ではO/W型エマルジョンを使用しています。

助剤とはバインダー化する際の不都合を解消したり、バインダーに色々な効果を添加するために使用する薬品です。

架橋剤とはバインダーを乾燥して水分を飛ばした際に残ったポリマー同士の結合をその橋架け効果でより強固なものにするために使用する薬品です。また、同時に触媒を添加することでその架橋性能を促進します。

弊社で使用している主な水溶性エマルジョンの性能表
主成分 イオン性 固形分(%) 粘度(mPa・s) PH MFT(℃) Tg(℃) 特徴
アクリル
樹脂
アニオン 46.0±2.0 750以下 3.0±1.0 0 -28 柔軟性、耐水性良好 衣料用
アクリル
樹脂
カチオン 40.0±2.0 1200±600 4.5±1.0 0 2 プラスチック基材密着性良好、2液型
酢酸ビニル
樹脂
ノニオン 49.0±2.0 2000以下 5.5±1.0 15 31 硬仕上げ
ポリウレタン
樹脂
弱アニオン 30.0±1.0 500以下 7.0±1.0 5以下 -42 耐水、耐溶剤性良好 無黄変型
弊社で使用している主な助剤の種類と効果
種類 効果
消泡剤 バインダー作成時の泡を軽減する、またバインダー化した後にも泡の生成を抑える
遅乾剤 バインダーを塗布する際に乾いてパイルの刺さりが悪くなるのを抑える
弊社で使用している主な架橋剤、触媒の性状
主成分 固形分(%) PH 特徴・用途
メラミン/ホルムアルデヒド系 68~72 8.5~9.5 低ホルムアルデヒド、低温キュア性良好。防皺、防縮、硬仕上げ剤。架橋剤
オキサゾリン基含有水溶性ポリマー 39 8.0~10.0 低毒性、高反応性良好。1液型で安定性が高い。
アミン塩系 - 7.3~7.7 メラミン樹脂、尿素/ホルムアルデヒド樹脂用潜在触媒、配合液安定性良好
調合の様子

接着剤、糊、バインダー…呼び名は色々ありますが、要はパイルを基材にくっつけておく為のものです。

主な材質はアクリル、酢酸ビニル、ウレタンなどで、これもまた沢山の種類があります。植毛用バインダーの既製品もありますが、弊社では加工用途に合わせて自社でブレンドしてバインダーを作っています。

近年では脱ホルマリンの動きが著しく、弊社でもホルマリンを使わないバインダーの使用に力を入れています。

お電話でのお問い合わせ 0774-43-6666

お問い合わせフォームへ

ページ上部に戻る